無料の出会い系アプリにはスパムメールや架空請求などの危険が潜んでいるという事は理解できました。それもこれも親切に体験談を教えてくれた甲田のお陰です。定年間近という時にセフレを作りたいということで面倒な事になってしまっては元も子もありませんからね。もしも妻や会社にバレてしまったらそれこそ大事ですので、実際に利用する前に危険性について知ることが出来て本当によかったと思います。

 

しかしハッピーメールという出会い系アプリを利用するうえで、やはり金銭的な事がどうしても引っかかります。若い女をセフレにするためにはまずメールをしなければなりません。それ以前にプロフィールや掲示板を閲覧しないことには始まりません。その都度資金が必要になるんだとしたら、果たしてどのくらいのお金が必要になるのでしょう。恥ずかしながら私の毎月の小遣いは雀の涙。何万円も費やすことは不可能です。恥ずかしいとは思いながらも利用を開始する前に確認しておかなければと思い、甲田に聞いて確かめてみることにしました。

 

「女の子と会うまでに実際どのくらいのお金が必要なの?何万円も掛かるなら俺h無理だよ。」という私の質問に対し、甲田から返ってきた答えは「そんな、何万円も掛かるなら誰だって無理だろ。そうだな、俺の場合は全部で1000円も掛からなかったかな。連絡先さえ交換すれば対してお金は必要じゃないよ」という予想外のものでした。たった1000円で女を抱くことが出来るのか。ランチ代程度で若い女をセフレにすることが出来るのか。とてもじゃないけど信じがたい話だったのですが、経験者の甲田が言っているのですから嘘でない事は確かです。私はどうやら無駄な心配をしていたようです。安全な上にリーズナブルだなんて、ハッピーメールはもの凄く良心的な出会い系アプリですね。