ハッピーメールという出会い系サイトの公式アプリは金銭面、安全面共に信じるに値するものだと確信できたので、甲田のアドバイスのもと私もハッピーメールをインストールしセフレ探しを始めることとなりました。まず行ったのは掲示板への投稿です。当初は若い女の子が投稿している掲示板を閲覧して、そこから好みの子を選ぼうと考えていたのですが、甲田いわくそれでは既に相手が決まっている女の子にもアプローチすることとなるので効率が悪いとのこと。その反面自分が投稿したものを女の子が閲覧してメールをくれた場合、その段階でまだ相手がいないという事が分かるし自分に興味があるという事も明確になるから非常に効率が良いんだとか。やはり経験者がいう言葉はいちいち説得力がありますね。私は甲田の言う通り、掲示板に「還暦間近のサラリーマンです。妻とは20年前からセックスレス。しかし性欲を衰えず毎日悶々としています。20代前半の女性が希望です。宜しく!」と投稿しました。

 

それからおおよそ30分後、23歳で受付嬢をしているという女の子からメールが届きました。期待はしていましたがこんなにも早く連絡が来るとは。しかも私の望み通り20代前半の女の子から。メールを開いてみると「はじめまして。受付嬢をしている23歳です。まだまだ経験は少ないけどエッチな事に興味津々です。大人の男性に色んな事を教わりたいと思ってメールしました。エッチを前提に仲良くなってくれませんか?」という非常に丁寧、かつ私の性欲をくすぐるような内容の文章が書かれていました。そして添付されていた写真を見たところ、さすが受付嬢。芸能人に居てもおかしくないというほど可愛い女の子でした。若くてエッチで可愛い女の子にここまで積極的に来られたら断る理由なんてありません。私は慣れない手つきで「メールをくれてありがとう。おじさんとエッチしてくれるの?考えただけで興奮しちゃうよ。良かったら連絡先を教えてくれないかな?」と返事を出しました。

 

数分後「おじさんだなんて思ってません。素敵な大人の男性ですよ。魅力たっぷりです。早く会って色んなことしたいな。」という言葉と併せて連絡先が書かれたメールが届きました。私は年甲斐もなく有頂天です。この子なら確実にセックスさせてくれると思いました。それに快く連絡先を教えてくれるなんて。甲田の言っていたことは嘘ではありませんでしたね。本当にわずかな金額で連絡先を交換することが出来たのですから。どんな出会いになるのか今から楽しみで仕方ありません。